目指すなら税理士と公認会計士のどちらがよいの?

資格試験を受けるときは、その資格を活かせる仕事を考えることが多いですよね。
せっかく取得した資格を無駄にしないためにも、資格取得に際しては、じっくり検討したいものです。
もちろん、短期間の学習で取得できる資格もあるため一概にはいえません。
また、受験資格を問われない資格は、チャンスを見て取っておくのもよいでしょう。
税金に関わる仕事として「税理士」は代表的存在です。
こちらの資格があれば、個人事業主や法人の税務申告を手掛けることができます。
さらに、相続税などの相談に応じるなど、税金に関する専門知識を活かせるのが大きなメリットです。
そんななか、注目されるのが公認会計士の存在です。
公認会計士の資格を活かして、税理士として働く方法があるからです。
その逆(税理士が公認会計士の仕事をする)はできないだけに、公認会計士の資格に興味を持つ人もいるのではないでしょうか。
なお、公認会計士は監査業務ができますが、独立する場合は税理士業務をするのが一般的のようです。
また、顧客からの信頼を得ることで、業績アップにつながることはいうまでもありません。
これは、どの仕事で独立する場合も同じですよね。